飼い主さんの手を噛んでしまうワンちゃん、その理由とは?
2018年01月28日 (日) | 編集 |
いつも元気いっぱい、ボールで遊ぶのが大好きで、とっても甘えん坊のワンちゃん。

なぜか時々飼い主さんがワンちゃんのお世話をしている時に手を噛むのだそうです。

毎回ではないので、どうしてなのか、疑問に思った飼い主さんが
ワンちゃんにその理由を聞いてほしいとのことでした。



ワンちゃんは、お尻や背中の辺りを触られるのが嫌だと語りました。

何かされるのではないかと怖くなり、自然と噛んでしまうのだそうです。

自分で自分のことを我がままだと思っているようで、

「自分の思う通りされないと、何で?って思って怒っちゃう。」 と話してくれました。

お母さんが嫌ならやめるように気を付ける、と言ってくれました。



犬は上から近づくと、恐怖を感じる、というのはドックトレーナーさんなどが
よく言っています。

犬に近づくときは、正面から、しゃがんで、なるべく犬と 同じ高さ、目線で、
と聞きます。

もしかしたら、このワンちゃんの飼い主さんは、ワンちゃんの後ろから、
もしくは上から 急にワンちゃんに触ってしまい、

悪気はないのですが、 ワンちゃんに恐怖を感じさせてしまっていたのかもしれません。



ワンちゃんのちょっとした行動にも必ず理由があります。

その理由を知ることで、 ワンちゃんとの関係をよりよいものにできるのです。



是非、アニマルコミュニケーションをお試しください。





にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ  


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可