FC2ブログ
シェルターから引き取られたワンちゃん、今の気持ちを語る
2015年10月11日 (日) | 編集 |
飼い主様は、シェルターから1匹のワンちゃんを引き取りました。

その子は、後ろ足がきちんと成長せずに、曲がったままでした。

足をひきずって歩く様子を見て、痛くないのか、どうしてほしいのか、
聞いてみたいとのことでした。


ワンちゃんは、ずっとその状態なので、慣れてしまっているので、
心配はないと語りました。

大丈夫だといいつつ本当は、「たまにズキって痛むことはある」と話してくれました。


飼い主様の事を気遣って、大丈夫だと言っていたのです。

足の事で心配をかけたくないのだそうです。

飼い主様とそのご両親様がとても可愛がってくれて、心配してくれるのが
とても嬉しいのだそうです。


「こんな私なのに、面倒見てくれて、本当に感謝しているの。」と語りました。


シェルターに来る前にかなり辛い思いをして、とても悲しかったけれど、
飼い主様に会えて、幸せで、生きる喜びがわいてきた、と話してくれました。


「ママ大好き。これからもずっと仲良く暮らしていこうね。」と語ってくれました。


足のことから、ちょっと辛い過去の記憶を思い出させてしまい、
時々言葉をつまらせながらも、一生懸命に語ってくれました。

シェルターに保護された子たちはまだ幸せです。

この子の飼い主様のような、素晴らしい方に巡り合えるかもしれないのですから。



動物たちに聞きたいことはありませんか?
メール鑑定受付中です。

質問2問+動物からのメッセージ ¥4000
質問4問+動物からのメッセージ ¥6500

お申し込みはこちらから

Fairy Light の Facebook はこちら。

にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ  


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可