一度姿を見せなくなった野良猫ちゃん、お世話になっているおうちの居心地を語る
2015年06月08日 (月) | 編集 |
ある方が、長い間ご飯をあげていた野良猫ちゃんにご飯をあげていましたが、
突然姿を見せなくなり、心配していたところ、
しばらくぶりに痩せて戻って来たそうです。

病気の様だったのでおうちの中に入れ、保護したそうです。
もう先の長くない猫ちゃん、その方のおうちでの居心地はどうなのでしょうか?


姿を見せなかった間は、近所のあちこちでご飯をもらっていたそうです。
その時は、その家々で色んな名前で呼ばれていたそうです。


外猫でなくなった今、ほんとjうによかったのか、おうちの方が気にしていました。

その猫ちゃんは、
「安全だし、寒くないし、とても安心して眠れるから、この暮らしが好きなんだ。」と語り、
家猫として保護してくれた方にとても感謝していました。

すごく幸せだそうです。ただ、体調が悪いせいで、食欲がないと話してくれました。
おうちの方が心配しているのは分かっているけど、食べたくないのだそうです。


猫ちゃんは最後にこんなメッセージを伝えてきました。

「こんな僕にやさしくしてくれて、本当にありがとう。
 今が生きてきた中で一番安らげるよ。」

「僕は病気だから長くは一緒にいられなくて、恩返しができなくて、申し訳ないけど、
 縁があったらまた生まれ変わってこのうちの猫になりたいな。」


もっと長々とメッセージを伝えてきましたが、どれも保護してくれたおうちの方への
感謝の気持ちと、愛情をかけてくれてどんなに嬉しいか、といった内容でした。

かなり感動的な事を語ってくれました。


動物は、自分によくしてくれた人のことは、本当によくわかっていてます。
今いかに幸せか、どれだけ感謝しているか、
伝えきれない思いがいっぱいあるのです。


あなたの可愛い動物たちは、いったい何を語るのでしょうか?
アニマルコミュニケーションを是非お試し下さい。



動物たちに聞きたいことはありませんか?
メール鑑定受付中です。

質問2問+動物からのメッセージ ¥4000
質問4問+動物からのメッセージ ¥6500

お申し込みはこちらから

Fairy Light の Facebook はこちら。

にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ  


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可