誰かを下に見てはいませんか?
2015年04月18日 (土) | 編集 |
人はそれぞれ、得意な事と不得意な事があります。
興味を持つものもそれぞれ違います。

職種や給料、生活環境など、みなそれぞれ違います。それは普通の事です。

しかし、自分が得意な事ができない人や、自分より給料の少ない人、
職種によって差別をしたり、自分よりも劣っていると見下す人がいます。


私の出逢ったある女性は、スピリチュアルな話しが大好きな人でした。
彼女は、知り合った人にはまずスピリチュアルな話しに興味があるかを
尋ねるそうです。

スピリチュアルな話しに興味がないとわかると、「あの人はダメ」と言うのです。
スピリチュアルに生きていない人は人としてなっていない、レベルが低い、
というような言い方をするのです。

でも、みんながみんなスピリチュアルな事に興味があるわけではありません。


友達によって、気の合う部分、興味を持つ物が違うので、
その友達に合った話しをしてればいいと思うのです。

でも彼女は、スピリチュアルな話しができない人はダメ、
とせっかくの縁を切ってしまう人でした。

それはおかしいと言ったところで聞くような人ではなかったのです。

どこかでスピリチュアルな事に興味のある人は人間的なレベルが上で、
そうでない人は下だと、ランクをつけていたのでしょう。


ある別の女性は、バリバリ働くキャリアウーマンで、高給取りでした。

その女性の友人のSさんは、給料が安く仕事の内容もきつかったのですが、
好きな仕事をしていました。

Sさんは興味を持った事を仕事にするような人で、何度か職を変えていましたが、
いつも好きな仕事をやっていました。

同じ職場に何年もずっといるわけではないので、給料はいつも安かったのですが、
彼女はとても楽しそうにしていました。

一般的に見ると、ずっと同じ職場にいてバリバリ仕事をして、給料も高く、
好きな物は何でも変えるキャリアウーマンの彼女の方がうらやましく
思えることでしょう。

職を何度も変えているSさんは、無職の時期に何度もキャリアウーマンの彼女に
ご飯をおごってもらっていました。そのせいもあったのでしょうか?

キャリアウーマンの彼女は、どこかで自分の方がSさんよりも上であると
感じていたようです。いつの間にかSさんを見下すようになっていたのです。

その事をSさんも気がつき始めたようで、知り合いのカウンセラーに相談したところ、
やはり、Sさんの事を見下していて、でも実はいつも好きなことをやって
楽しそうにしているSさんの事を、うらやましいと思っているはずだと
言われたそうです。

いちかばちか、Sさんは自分は見下されている気がする、
という事をキャリアウーマンの彼女に話したそうです。

その事に対して彼女は否定したそうですが、
「実はSさんの事がうらやましいと思っていた」と言ったそうです。


彼女は、自分は短大を卒業した後、ずっと同じ会社にいて、
確かに給料は高いし何でも好きな物は買えるけれど、
決して好きで選んだ会社ではないし、だからといって高い給料を捨ててまで
転職する勇気はないし、やりたい事もない、という事を言ったそうです。

彼女にしてみたら、やりたい事があって、
そのやりたい事をいつも仕事にしてきたSさんがうらやましかったのです。

悔しさ、うらやましさを紛らわす為に「友人を見下す」という態度を
取ってしまったのかもしれません。自分が友人より優位に立つという優越感でしか、
彼女の内に秘めた悲しい思いを消せなかったのでしょう。


人間に上も下もありません。誰かを自分より下に見ていいはずがないのです。


もし、誰か知り合いと比べて「あの人より自分の方が色々知ってる」「給料が高い」
「大手の会社に勤めている」「幸せな結婚をしている」「だから自分の方が上だ、
などと思って見下しているのなら、今すぐやめてください。

元をたどれば人々は皆、同じ宇宙の大元から分離して
一つ一つの「個」となっただけの事。元は皆一つなのです。

(by Fairy Light スタッフ)


prm115 (3)
ヒーリング・癒しの空間 Fairy Light
現在抱えている問題はありませんか?問題解決のお手伝いをさせて頂きます。各種セッションのお申し込みはこちらから

Fairy Light の Facebook はこちら。

にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ

スポンサーサイト
テーマ:スピリチュアル
ジャンル:心と身体
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可