FC2ブログ
娘の旅立ちを予感した母猫チャミ
2015年03月16日 (月) | 編集 |
13日の金曜日に、三毛猫のミケが12歳で亡くなりました。

ミケは外猫だった茶虎のチャミの子供です。

当時、子猫を4匹保護し、我が家の猫となっています。


母猫のチャミは、当時避妊手術はしましたが、そのまま外猫となっていました。

外猫と言っても、今は亡き祖母の別棟の家にある猫穴から自由に中に入って
置いてあるハウスで寝ていたので、完全な外猫という感じではありませんでした。



チャミは一昨年の12月に2週間姿をみなくなり、心配していたら、
家の裏でぐったりしているところを愛犬ルーディーが見つけました。

そのまま保護し、獣医さんへ。年を取っているので、そのまま家猫となりました。


チャミは下の部屋にいます。ミケはチャミのいる部屋の真上の部屋にいました。

お互い、長年会っていませんでした。


ミケがご飯を食べなくなり、どんどん痩せて行きました。

血液検査をしても多少の貧血のみで、特に大きな異常はありませんでした。

毎日点滴をしに通いましたが、食欲は戻らず、
やせ細った体に針を刺すのもかわいそうなので、
点滴に連れて行くのをやめました。

やめてから数日後、ミケは天国へと旅立ちました。


ミケが旅立った日の朝、いつも夕方までハウスに入って寝ていてでてこないチャミが
朝から出てきてそわそわし始めました。

周りをキョロキョロ見回してはずっと鳴いていました。

どこか具合でも悪くなったのかと心配していましたが、
多分、自分の娘の旅立ちを感じたのでしょう。

その日の午後にミケは天国へと旅立ちました。


ミケとチャミは最後のお別れの会話でもしてたのかもしれませんね。



動物たちに聞きたいことはありませんか?
メール鑑定受付中です。

質問2問+動物からのメッセージ ¥4000
質問4問+動物からのメッセージ ¥6500

お申し込みはこちらから

Fairy Light の Facebook はこちら。

にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ  



スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可