FC2ブログ
「ぼくたちを引き取ってくれてありがとう」
2015年03月04日 (水) | 編集 |
昨年、シェルターから2匹の犬を引き取りました。

新しい家の環境にもすっかり慣れてきたアレックス(ミニピン)とハッピーおじいちゃん。
2匹ともとてもいいこです。





ハッピーおじいちゃんは、ちょっと耳が遠く、目も白内障で見えずらいですが、
人の気配を感じるといつも短いしっぽをプリプリふって、とても可愛いです。

アレックスは、家に来た日から、家族の顔をじーと、ずーっと見ていて、
話を聞いている様子でした。





シェルターに保護された犬猫たちは、過去に辛い経験をしている子たちが多いので、
コミュニケーションはこちらからはしないようにしています。

特に、以前の家での事、何故捨てられてしまったのか、など、
嫌な記憶を思い出させるような質問はしないことにしています。

質問しても、語りたがらないこがほとんどです。

今回も、シェルターの方から聞いた情報以外、
2匹には以前の生活について聞いていませんでした。

ところが、アレックスの方から以前の家のイメージを送ってきました。

虐待などは受けていなかったようなので、安心しました。

そしてアレックスは「ありがとう」としきりに言いました。

「ハッピーと自分を引き取ってっくれてありがとう」そう繰り返しました。

もうどこにも行かなくていんだから、安心して暮らしてね。



動物たちに聞きたいことはありませんか?
メール鑑定受付中です。

質問2問+動物からのメッセージ ¥4000
質問4問+動物からのメッセージ ¥6500

お申し込みはこちらから

Fairy Light の Facebook はこちら。

にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ  

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可